スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.06.15 Thursday | - | - | -
【メルマガ】ニコ生での党首討論へのコメント補足
 *今回のメルマガの記事は、配信記事が文字化けで読めない人がいたために、無料記事として公開します。

 衆議院の総選挙に関連して11月29日夜、ニコニコ生放送で党首討論が行なわれました。自民党の安倍晋三総裁がニコニコ動画での討論を呼びかけていたのを、野田佳彦首相が応じたのです。そのほか、日本未来の党、公明、共産、みんな、社民、新党大地、国民新党、新党日本の各党首が集まり、六本木のニコファーレで議論を交わしました。

 この件について、私は時事通信から電話取材を受けました。そのコメントは時事通信のニュースサイトや、時事通信の配信を受けた毎日新聞の朝刊に掲載されています。もちろん、私が電話で回答したものを時事の記者がまとめていただいたものです。正確にそう話したのか?と問われれば、いろんな話をするなかで、このようにまとめられたというのが正解だと思います。そのため、記者に十分に伝わっていなかった部分がありますので、補足したいと思います。

 できるだけ記事をなるべく生かした形で、加筆修正をします。

 まず、時事通信が配信したコメントは以下の通りです。


 フリージャーナリスト渋井哲也さんの話 ネット生放送の党首討論ではパフォーマンスのうまい人が得をし、政策の内容を細かく議論できない。一方、テレビは編集ができるため政策が伝わりやすい。ネットはオンデマンドで見られる便利さや、投票率の低い若年層がよく利用するなど利点もあるが、総合的に考えてテレビの方が党首討論の場にふさわしいと思う。ニコニコ動画は形式的には中立的なメディアだが、実際は保守的なコメントが多く、政治家や視聴者が偏ったコメントを一般世論だと誤解する恐れもある。

 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012112901004


 <ネット生放送の党首討論ではパフォーマンスのうまい人が得をし>の部分ですが、「ネット生放送」とありますが、この部分は「ネット生放送」と一般化して話したつもりはありません。ネット生放送といっても、FC2やツイットキャスト、ユーストリーム、スティッカムTVなどといろいろあるわけですが、それぞれにユーザーの特性があるはずです。その中でも、ニコニコはパフォーマンスのうまい人が受けやすいメディアでもあります。ただし、これはネットに限ったことではなく、メディア全般に言えることです。

 また、ニコニコでのコメントは画面に流れる仕様になっているのですが、その内容は「ネタ」として盛り上がるものが好まれる傾向があります。その「ネタ」としては、よくニコニコは保守的な内容が多いと指摘されています。これは、中の人もそう指摘しています。そのため、沈黙しているユーザーは別として、アクティブにコメントを書く人は保守的な内容を書いています。もちろん、保守的なコメントを書く人=保守的な考えな人、とは限りません。あくまでも、「ネタ」として機能している部分があります。盛り上がると、共同性を獲得できるものだと思います。

 もちろん、<政策の内容を細かく議論できない>というのも、より詳しく言えば、ネットに限ったものではありません。だから、このあたりをより正確に書くとすれば、冒頭に「テレビと同様に」を加えたいところです。

 <<テレビと同様に>>ネット生放送の党首討論ではパフォーマンスのうまい人が得をし、政策の内容を細かく議論できない。


 また、<テレビは編集ができるため政策が伝わりやすい>の部分ですが、記者の質問で、「ネットは若者に届くかもしれないが、中高年や高齢者層はどうするのか?」などと聞かれた記憶があります。この点については、正確に表現するのなら、

 <<生放送はだだ漏れで論点がわかりにくい場合もあるために、編集が的確だという前提の上で、中高年や高齢者に届くためには>>テレビは編集ができるため政策が伝わりやすい。<<また、中高年や高齢者層に届かないと思ったら、ネットでの生放送とは別の手段を講じればいいと思う。>>

 としたいところです。

 <ネットはオンデマンドで見られる便利さや、投票率の低い若年層がよく利用するなど利点もあるが>の部分ですが、ここは若者に届くという点はどうか?という質問があって応えた部分です。この部分はその通りに応えたと思います。<が、>の後は、別のことを応えたと思います。それを入れるとこうなります。

 ネットはオンデマンドで見られる便利さや、投票率の低い若年層がよく利用するなど利点もあるが、<<若者の政治的関心が高くなることと、実際の投票行動は別だ。例えば、投票しようと思っても、東京に住んでいる学生の場合、住民票が東京になく、投票できず、結果として意志が反映されないことがある。>>

 とするのはいいかもしれません。

  <総合的に考えてテレビの方が党首討論の場にふさわしいと思う>という部分については、そうは思っていないので、削除ですね。こういう表現をした記憶はありません。もしかすると、記者にそう聞こえるような発言をしてしまった可能性を捨てきれないのですが、その場合は、私の説明不足です。

 <ニコニコ動画は形式的には中立的なメディアだが、実際は保守的なコメントが多く、政治家や視聴者が偏ったコメントを一般世論だと誤解する恐れもある>の部分ですが、これは、時事で配信された記事に一緒に掲載されていた津田大介さんのコメントにもあるように、安住淳民主党幹事長代行が「ニコニコは偏った動画メディア」と言ったことを意識していると思います。しかしニュアンスが違います。ニコニコはプラットフォームであり、形式的には、どんな意見でも原則的に流しているために、テレビや新聞よりも積極的な中立だと思っています。ただし、コメントではNGワードが設定されているために、ユーザーが十分に表現できないことも一部にある。ユーザーのコメントはネタであり、エンタメでもあり、先述のように共同性を得るための行為だったりします。そうした文脈を理解しないと、ニコニコに流れたコメントが一般世論だと誤解する可能性がある、と言いたかったわけです。ですから、この部分は、

 ニコニコ動画は形式的には<<テレビや新聞よりも積極的な>>中立的なメディアだ。<<コメントに流れるものは実際は保守的なコメントが多いと指摘されることがあるが、それはネタであり、エンタメもである。そうしたコメントをニコニコの文脈なしに接する場合、>>政治家や視聴者が、<<ネタやエンタメである>>コメントを一般世論だと誤解する恐れもある。

 といったところでしょうか。つまり元の記事を生かしながら修正すると、最終的には以下のようになります。

テレビと同様、ネット生放送の党首討論ではパフォーマンスのうまい人が得をし、政策の内容を細かく議論できない。生放送はだだ漏れで論点がわかりにくい場合もあるために、編集が的確だという前提の上で、中高年や高齢者に届くためにはテレビは編集ができるため政策が伝わりやすい。また、中高年や高齢者層に届かないと思ったら、ネットでの生放送とは別の手段を講じればいいと思う。ネットはオンデマンドで見られる便利さや、投票率の低い若年層がよく利用するなど利点もあるが、若者の政治的関心が高くなることと、実際の投票行動は別だ。例えば、投票しようと思っても、東京に住んでいる学生の場合、住民票が東京になく、投票できず、結果として意志が反映されないことがある。ニコニコ動画は形式的にはテレビや新聞よりも積極的な中立的なメディアだ。コメントに流れるものは実際は保守的なコメントが多いと指摘されることがあるが、それはある意味でネタであり、エンタメもである。そうしたコメントをニコニコの文脈なしに接する場合、政治家や視聴者が、ネタやエンタメであるコメントを一般世論だと誤解する恐れもある。


  としましたが、自分のコメントだからといって、他人の文章を生かす方法で加筆修正のは難しいことでした。



この続きは、



 あるいは


 *BLOGOSのメールマガジン「悩み、もがき、それでも...」(月額210円)は、私のコラム、記事を配信していますが、ニコニコのブロマガ「生きづらさオンライン」(月額525円)は、私のコラム、記事に加えて、私が原稿を依頼した執筆者のコラムなどが読めます。また、ニコニコの生放送のうち、有料放送も見る事ができます。
2012.12.01 Saturday | 仕事 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.15 Thursday | - | - | -
<< 【総選挙】いまいち「盛り上がらない」総選挙〜何を基準にどう信じればいいの? | main | 【東日本大震災】「松の上を津波が超えるのが見えたんです」〜大川小学校より下流・尾崎地区の人たちの証言 >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shibutetu.jugem.jp/trackback/999
トラックバック

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--