スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.06.15 Thursday | - | - | -
内閣不信任案否決後の岡田幹事長の会見
 菅直人総理大臣に関する内閣不信任案が6月2日、衆議院に提出された。自民党、公明党、たちあがれ日本の共同提出。民主党では2人が賛成、15人が欠席したものの、反対多数で否決された。 

 その後、民主党本部に行きました。安住淳国会対策委員長のぶらさがり会見の後。岡田克也幹事長の会見があった。菅総理の会見とほぼ同じ時間だった。

  
 
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110603-00000523-san-pol  

鳩山氏「首相はペテン師」「不信任案賛成すれば良かった」
 産経新聞 6月3日(金)10時51分配信 

 鳩山由紀夫前首相は3日午前、菅直人首相が早期退陣を否定していることについて「きちっと約束したことは守るのはあたり前だ。それができなかったらペテン師だ」と述べ、激しく非難した。都内の自宅前で記者団に語った。


 鳩山氏は2日昼の民主党代議士会直前に首相と面会した内容に関し「復興基本法案の成立と平成23年度第2次補正予算案の編成のめどがたったら(首相の座から)お引き取りいただくということに、首相は『結構だ』と言った」と強調した。

  その上で「不信任案(採決の)直前には辞めると言い、否決されたら辞めないと言う。こんなペテン師まがいのことを首相がやってはいけない」と指摘。「人間としての基本にもとる行為をしようとしているのなら、即刻党の規則の中で首相に辞めていただくように導いていかなければならない」と述べ、両院議員総会を開いて首相に早期退陣を求める考えを示した。 

 不信任案に賛成した松木謙公前農水政務官ら2人への除籍(除名)処分については「冗談じゃない」と語り、処分は不要との見解を示した。

  自身の対応についても「不信任案が否決されたら突然言葉をひっくり返して『そんなことを言った覚えはない』という人間だとすれば、不信任案に賛成すべきだった」と述べた。一方で「首相が詐欺師まがいのことをやるとは思わない。今でも信じている」とも語った。
2011.06.03 Friday | 記者会見 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
2017.06.15 Thursday | - | - | -
<< 【ニコ生】3.11絆のメッセージ』出版記念 ジャーナリストトークイベント【タイムシフト】 | main | 震災後3ヶ月が経ったが、地盤沈下により冠水している石巻市内  >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shibutetu.jugem.jp/trackback/891
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2011/06/06 1:46 PM |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--