スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.06.15 Thursday | - | - | -
イベントと同伴日にしか連絡をしないキャバ嬢よりも…
 


 歌舞伎町のキャバクラに出入りするようになって、10年以上が経ちます。そんな年月のほとんどを知っているキャバ嬢がいる。20代後半で、その店では超ベテランということになる。一時は、ナンバーワンとなったものの、その後は、中堅クラス。本人曰く、「もう若くはないしね」と、年齢を理由にしているが、他にも理由があるんじゃないか? と思われるような嬢だ。私から見ると、「ちょっとやる気がないんじゃないの?」と思ってしまうが、長年続けているということは、多少の「やる気」はあるんでしょうね。

 さて、そのキャバ嬢もそうですが、イベントがあるときか、強制同伴日で客が見つからないときにしか電話をしてこない嬢がいますよね? 最初の数回はいいのですが、何度も断っているのに、ダメ元で電話があるのは、「あなたの誘いは断りますよ」というメッセージを読み取れず、学習ができていないのでしょうか?

 あるとき、こんな電話がかかってきました。

 「明日は、水着デーなの。よかったら来て」

 「え? 水着? あの店でそんなのしかことないよね?」

 「うん。必死みたい。最近、お客の入りが悪いから」

 「そうなんだ。ほんと、必死だね」

 「いつくるの? なんか、こんな電話ばかりして、もう何か月も、いや何年も会ってないような気がするんですけど」

 こんな台詞の電話ばかりなんですが、普通のキャバ嬢なら、もう私との関係は切り捨てるはずです。私はもう切り捨てている気分なんですが、なかなか切り捨ててくれないようです。なぜ、切り捨ててくれないのでしょうか? というか、まだキャバクラ嬢を続けるのか、という感覚もあります。

 それにくらべて、イベントでもなく、強制同伴日でもないのに、一緒に飲みたくなったり、顔を見たくなり、私から会いたくなるキャバ嬢が最近、います。特別、可愛いわけでもなく、特別、エロでもない。サービスが過剰でもなく、どちらかといえば、必死に営業をしていないのですが、存在するだけで私の心を癒してくれる不思議な存在です。

 でも、最近、あまり店には入っていないようです。先日も、次にいつごろ、出勤するのかを聞いたところ、メールでこう返ってきました。

 <返事が遅れてごめんさい。最近は、出勤の予定がないのです。いろいろ忙しくて。でも、予定が入ったら、連絡させてください>

 そっけない、ありがちなメールです。通常なら、こんなメールが来たら、「もう、いいや」って思ってしまい、ターゲットを変えてしまうんですが、このようなメールが来ても、「この嬢がいないのなら、その店には行かないでおこう」と思ってしまうのです。

 なぜなんでしょう。私のタイプの女性だから? いや、違うのです。個人的に好きになるようなタイプの女性とは違うのです。それなのに、気になるのです。だからこそ、会えないのは余計に切ないのです。キャバ嬢に対して、こんな風に思ったのは何年ぶりでしょうか?
2010.10.08 Friday | ナイトン | comments(1) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
2017.06.15 Thursday | - | - | -
<< 結婚後、旦那しか魅力的にみえない | main | 【告知】「自殺・自傷研究会 ―ハナシバ」 >>
コメント
しぶてつさんに、こんなこと言うのも釈迦に説法かもしれませんが、その女性の態度がいたってそっけないからではないでしょうか?
時間が「普通」に流れている日常的な雰囲気ですよね。天然といえば天然な感じも受けますが、どこか無垢な感じ。
| すいか | 2010/10/12 9:39 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shibutetu.jugem.jp/trackback/819
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/09/02 7:16 PM |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--