スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.06.15 Thursday | - | - | -
結婚後、旦那しか魅力的にみえない
  


モテない目線の恋愛ニュースメディア「非モテタイムズ」がエキニュー恋愛総研に配信する特別コラムです。モテ目線では知りえない「細やかな」恋愛テクニックがわかるはず!? 第4回目は「結婚して旦那しか魅力に見えない」です。

結婚をして家庭生活を送ることは、最終的なゴールと見なしたり、幸せだと感じるのでしょう。でも、ある女性は、そう感じることができない。なぜか違和感を抱いているのです。その女性はこう言いました。

「私、結婚前は、複数の男性と(性的な)関係を持って、むしろ、それが普通だったんです。でも、結婚して、旦那でないとダメになってしまったんです」

うーん。「結婚して落ち着いた」ということなのではないか?と思うのですが、そう単純なものではないらしい。

彼女は自由奔放なほうで、受け身であり、性的な対象もわりと広い。恋人がいても、他の男性との性行為も多い方だった。それを恋人も知っていることが多く、お互いが複数恋愛、複数の性的パートナーを認め合っていたほどだ。結婚しても、その考えは変わっていない。少なくとも「考え」の上では、それを実践したいと思っている。

それが彼女の中の「正常」だった。だからこそ、結婚しても、旦那の浮気は許そうと思っている。そして、浮気相手の女性と3人でいちゃいちゃしたいと思っているほどだ。こうした欲求があるために、いまの「旦那でないとダメ」という感覚を「おかしい」と感じている。

そのため、彼女は行動を起こした。他の男性に声をかけられるチャンスを自ら作ったのです。

「でも、ダメだったんです。性的な意味で触れられると、気持ち悪いと思ってしまうんです。いままでそんな感覚はなかったのに」

私は、こう答えてみた。

「結婚は1対1のシステムだから、感覚がシステムに合ってきたんじゃないないの?」

「あるいは、それが成長というものだよ」

彼女が納得できる言葉を探したが、なかなか見つからないものだ。彼女自身、自分の感覚が不思議で仕方がないらしい。彼女と歌舞伎町、飲んだこの夜、彼女はいつもよりも元気がない。それだけ悩んでいるのだ。

私もこうした相談は初めてだ。

「結婚して家族になった。家族だから、性行為をしたいとは思わない。だから、パートナーとはセックスレスになる」

こういう話は聞いたことがある。また、もともと、恋人以外との性行為はしないから、結婚しても、婚外セックスはしない、という話は、たくさん聞いている。

しかし、結婚して、パートナー外セックスがだめになった、というのは、恋愛相談を受ける中で、聞いたことがない。そのため、なかなか答えを見つけることができない。

ただ、パートナーが変わると、性的な感覚が変わるというのはあるでしょう。彼女の場合は、パートナーと一緒に住んだことで、感覚が変わったのかもしれなません。パートナー外の性行為が「気持ち悪く」感じるようになったのも、その一つかもしれません。関係が安定したことで、性的な対象について、体が安定を求めたのかもそれません。「心は複数志向、体は一対一志向」。彼女はそれで納得できるのかが問題です。
2010.10.08 Friday | 非モテ | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
2017.06.15 Thursday | - | - | -
<< 初の「出会いカフェ」殺人の現場ーー2 | main | イベントと同伴日にしか連絡をしないキャバ嬢よりも… >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shibutetu.jugem.jp/trackback/818
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/11/13 9:48 AM |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--