スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.06.15 Thursday | - | - | -
仕事を辞めた時の連絡があるキャバ
 


  「きょう、ラストなの!ねえ、来るの?来ないの?どっち!待ってるから、早くしてね」

 昨年末、携帯電話の留守番電話にそんなメッセージが入っていた。N嬢(21)の声だった。キャバクラとは別の仕事を探すとずっと言っていたが、なかなか辞めなかったN嬢だが、ついに辞めるときが来たのだろうか。

 ただ、以前も一度、「辞めるから、一ヶ月以内に来てね」と言われながらも、そのときは辞めないでいた。今度も、もしかすると、辞めないのかもしれない、と思った私は、そのメッセージを聞いても、

 「どうせ、また酔っぱらっていいるのだろう」

 と思い、放置していたのだった。すると、新年が明けてから、N嬢から電話があった。

 「ねえ、ラストの日来なかったでしょ?待ってたんだからね」

 「え?ほんとに辞めたの?」

 「そうだよ」

 「でもさ、急にラストと言われても、こっちにも都合があるし、行けるわけないじゃん!」

 (本当は、このとき、特に用事はなかったが、キャバクラに行くというモチベーションではなかったのだ)

 「そうだね。ごめんね。そのとき、酔っぱらって電話した」

 (やっぱり、そうだったか)
 
 「でも、本当に辞めたから」

 「そうなんだ。じゃあ、就職決まったの?」

 「これから。決まったら電話するね」

 「おう」

 「で、今度は誰を指名するの?」

 どうやら、本当に別の仕事を探すらしい。もともと専門学校で身につけた技術を活かして、都内で仕事を探していたのだが、見つからなかったので、キャバクラで働いていたのです。そして、今後こそ、真剣に仕事を見つけるという。

 キャバクラ嬢がお店を辞めて、仕事も辞めたとき、連絡がくる場合と来ない場合がある。その差はいったい何なのだろうか。

 数年前、私が当時、最も仲良くしていた女子大生キャバ嬢(21)がいた。彼女曰く、看護学校に通いながら働いていた。看護学生のキャバ嬢はけっこう多い。かわいい顔をしているが、他と比べて目立つ訳でもなかった。ただ、その中でも、気の遣い方が抜群によかった。

 この嬢の誕生日には何度か足を運んだ。酔っぱらってしまい、気がついたら家にいたということもあった。私が記憶をなくすまでキャバクラで飲んだのは、これまででこのときだけ。そのくらい、私はその嬢に気を許していた。

 ある日、その嬢のラストの日を迎えた。もちろん、人気だったので、ラストの日は他の指名客とかぶり、ほとんど話せなかった。

 「今日はあまり話せなかったね。ごめんね。また電話してよ。こっちからも電話するから」

 この嬢との付き合いも3年くらいだった。よく店外でも会っていたし、メールもしていた。営業風味なコミュニケーションではなく、自然な気がしていた。だから、仕事を離れても、友達付き合いはできるかもしれないと思っていた。

 そう思ったある日、私は、彼女に電話をした。すると、小さい声で、

 「なんですか?」

 と、半分、怒ったかのようなニュアンスで答えた。友達と会っていたのか?それとも彼氏が近くにいたのか?状況がまったくわからないが、気まずいのなら、電話に出なければいいのに。

 しかし、あえて電話に出て、冷たい印象を与える行為をしたということは、「もう、電話してこないで」というメッセージだったのだろうか。そう感じた私は、二度と、彼女に電話をしなかった。もちろん、彼女からも連絡はいっさいない。

 では、N嬢はどうか。電話を切るとき、

 「また電話してよ。こっちからも電話するときもあるかもしれないけど」

 果たして、連絡をしてもよいのだろうか。
2010.02.05 Friday | - | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.15 Thursday | - | - | -
<< 年始からキャバクラのはしご  | main | 連載 >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--