スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.06.15 Thursday | - | - | -
客は嬢のどこをみているのか


 客は嬢のどこをみているのか キャフー 09.12.10




  「2、3日前、非通知で電話しました?」

 とのメールが知人女性からきました。記憶にあるような、ないような・・・。直接電話をして確認をすすると、その夜に一緒に飲みに行くことになったのです。というのも、以前から新宿2丁目に飲みに行こうという話をしていたのですが、実現していなかったからです。何人かで、飛田新地に行って以来の待ち合わせです。

 飛田新地とは、大阪市内にある、かつての赤線地帯です。大正時代から遊郭として有名な建物もありますが、周囲には、まだその雰囲気を伝えている街でもあります。

 ちなみに、大阪府では、「府風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例」によって、ソープランド営業が禁止となっています。また、「府歓楽的雰囲気を過度に助長する風俗案内所の防止に関する条例」により、ファッションヘルスのあっせん事業が禁止となっており、日本一厳しい条例とも言われています。

 そのため、飛田新地は、大阪の中では、いろんな意味で、時代に取り残された地域にも見えなくもありません。その雰囲気を楽しむ観光客の姿も多いのです。

 そんな飛田新地に行って以来ですので、夜の街を楽しもうとするのが2人の目的です。そのため、2丁目だったのです。

 2丁目に行く前に食事をしていると、ガールズバーに行こうという話になりました。あるガールズバーに行くとたくさんの女性がいました。まだ平日の早い時間だったために、お客はやや少なめでした。

 そのとき、知人女性がこう言ったのです。

 「目の前のお客さん、女の子の股間ばかり見ているね」

 私はある風景を思い出しました。かつて、出会い喫茶に行った時のことです。出会い喫茶は、女性側の部屋と男性側の部屋が仕切られています。女性側からは見えませんが、男性側からはマジックミラーで見ることができます。女性のカウンター席の場合、足下にマジックミラーがあり、足下が見えるのですが、ちらりと下着が見えることもあります。

 ある男性は、女の子とトークタイムの楽しむことはせずに、女の子が入室するたびに、カウンターに座るのを待って、足下のマジックミラーのところに行き、下着ばかりをみていたのです。出会い喫茶で、女の子との「出会い」を目的とせず、「下着を見ること」を目的にしているのをみて、「新しい使い方だ。こんなの駅の階段でやったら捕まるが、ここではルールの範囲なんだ」と思ったものです。

 私は、自分の立ち振る舞いを振り返ってみました。キャバクラやガールズバーで嬢のどこを見ているのでしょうか。私はいつも、顔や体型を中心に見ているのです。股間を中心に見たことはないなとも思いました。

 ただ、私なりのこだわりがあります。身長です。いつも154センチの嬢を探しています。私の身長マイナス15センチが、なぜかちょうどいいと思ってしまいます。しかし、なかなか見つかるものでもありません。

 ある日、ある六本木嬢からメールがあった。

 「154センチの子は見つかった?」

 と。見つかっていないので、「見つかりませんよ。だから彼女も嫁も見つかっていないです」と返信した。すると、すぐに返事があった。

 「そのこだわりをやめれば?」
2009.12.15 Tuesday | ナイトン | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.15 Thursday | - | - | -
<< 児童生徒の自殺の理由がわからない学校現場 | main | ホームレスの自殺対策 >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shibutetu.jugem.jp/trackback/723
トラックバック

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--