スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.06.15 Thursday | - | - | -
背中を押す営業での一言
 

 背中を押す営業での一言 キャフー 09.10.08


 

 背中を押す営業での一言 キャフー 09.10.08

 キャバクラではイベントがあります。季節に合わせたものや誕生日ですが、普段の店内と違った飾り付けがあったり、キャバ嬢の服装が違ったりします。コスプレイベントがその典型でしょう。

 東北出身のEさん(19)がメールをくれました。

 <てっちゃん、元気してる?
 Eは、すごく元気だよ!
 今週の月曜日、コスプレイベントがあるんだけど、よかったら来ない?>

 私が、足が遠のいていたために、Eさんとの日常のやりとり、それにまつわる話がいっさいありません。私自身、このEさんの顔を思い出せません。しかも、このメール、「てっちゃん」を変えたら、誰にでも当てはまる内容になっています。

 「あ、いつものコピペ営業メールなんだろうな」

 と思ったために、返信も電話もせずに放置していました。その放置にも何の反応もありません。反応がなければよけいに「コピペメールだな」と思ってしまいます。

 キャバクラ嬢のみなさん、仮に「コピペの営業メール」だとしても、お客さんへは「あなたに送っている」というサインをどこかに書いてください。もし、イベントに姿を見せなかった場合は、

 <今日は来なかったね、残念>

 といったメールくらいは欲しいものです。そうすれば、少なくとも「顔は覚えている」ことのメッセージになります。

 ある晩、初めての店に入るエレベーターで、初老の男性に会いました。ニコニコしながら、話しかけてきました。

 「もう嫌になっちゃうよ。こんな時間に、女の子に呼び出されちゃったよ。『今夜はイベントなんだけど、来て!』って。こっちだって、いろいろ忙しいんだよな、もう」

 話した内容とは違って、楽しそうでした。指名嬢やお気に入りの嬢からの電話だったのでしょう。そうした嬢からの誘いは、自然と顔が緩んでしまうものです。そういって、私とは別の店に消えて行きました。そうすいた姿を見て、私は、

 「『嫌だ、嫌だ』といいながら、でも、喜んで店に行くようなお客って、いいな。店の女の子で、特に何があるというわけでもないというのに、自然と足が向いてしまうのは、いい飲み方だな」

 と思ったのです。

 たしかに、イベントは、女の子たちがいつもと違った服装をしたり、キャラクターを変えたりしていたりして、常連客へのサービスの日です。と同時に、新しい客を確保するきっかけになります。

 嬢からすれば、いろいろな人に来てほしいのはわかります。だからこそ、コピペの営業メールが多くなるものです。仕方がないのかもしれません。だからといって、コピペの乱発はどうかと思うわけです。

 「いつもと違う、指名嬢やお気に入り嬢の姿も見たい」

 という気持ちも常連客にもあります。そして、

 「イベントだから、たくさんお客がくるんだろうな。行くの辞めようかな」

 とも思ったりもします。お客の気持ちも揺れるのです。そこに、背中を押す営業電話、あるいはメールがあれば、「仕方がない、行ってやるか」、あるいは、「今夜も会いたい」と思ったりもします。ちょっとしたことで客の行動が変わるのです。
2009.10.14 Wednesday | ナイトン | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.15 Thursday | - | - | -
<< 立浪、ご苦労さまでした | main | セカイカメラで広がる現実 >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shibutetu.jugem.jp/trackback/686
トラックバック

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--