スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.06.15 Thursday | - | - | -
キャバ嬢と友達になること



 キャバ嬢と友達になること キャフー 09.09.02
 キャバ嬢と友達になること


 キャバクラ嬢と友達になれるかどうか考えたことはあるでしょうか。私はいつも考えています。もちろん、友達だった子がキャバクラ嬢になったとか、他で出会った子がキャバクラ嬢に転身した、というのはある話です。でも、キャバクラで出会って、本当に友達になれるのでしょうか。 

 キャバクラ嬢の営業には、「友達営業」と「色恋営業」、「枕営業」がある。この「友達営業」の場合、友達のように振る舞う営業であって、あくまでお客です。そのため、友達扱いであって、友達ではない。営業に関係なく、友達である可能性はないのだろうか。

  歌舞伎町の店で知り合った、東北出身のY嬢(28)がいます。もう既に結婚してしまい実家に帰っています。このY嬢を指名していたことがあります。ただ、もともとはその店ではS嬢を指名していました。S嬢を2年間くらい指名していたのですが、突如、店を辞めてしまいました。どうやら、結婚が理由とのこと。そのS嬢の一番弟子のような存在が、のちに指名することになるY嬢でした。S嬢なき後、Y嬢は私に近づいてきたのです。そのためか、会話の内容は最初はS嬢の話題でした。

  このY嬢とは同伴はしたことはありますが、店外デートやアフターをしたことはありません。初めて店外で会ったのは、Y嬢が実家に帰ったときでした。私がたまたま、東北方面に一人旅をしていたのです。電話をして、会うことになりました。ここで会った後、Y嬢は店を辞めて、実家に戻る決意をします。そんな話をずっとしていたような気がします。

 こうしたプライベートな話はよくしていたので、これ自体が友達という感覚もありません。いったい、キャバ嬢にとって、何が「友達」なのでしょうか。  R嬢(19)の場合、私と一緒に秋葉原のメイド喫茶やメイドリフレに行ったことがあります。R嬢が行きたいというので、日程を合わせたのです。同伴出勤はなく、プライベートな時間でした。

 キャバ嬢と、同伴なしで遊んだことがある人もいるでしょう。友人もよく遊んでいました。しかし、彼女達にとって、友達なのかと言えば、違うような気がします。感じてしまうのは、「友達営業」の延長なんだなあ、ということです。もちろん、プライベートな時間を割くのですから、友達営業の対象となっている客の中では、優先順位が高いのかもしれません。 

 キャバ嬢にとって、一人の客に対して、営業抜きの友達という存在はあり得るのでしょうか。あり得るとして、その客はその後も店に行くのでしょうか。私の経験では、少なくとも、店で会ったのに、店に行かずに、プライベートだけで会うことになったことは何度かあるだけ。
なかなかプライベートな関係になるのは難しい。

 ただ、意外なケースがある。地方のキャバクラに行ったときに知り合った嬢が、東京に遊びにくることがある。
そのとき、連絡があったりする。 そんなとき、店外デートができたりするのだ。都内在住者は、地方キャバクラに行ったとき、「どうせもう二度と来ない」と思わずに、つなぐ努力をしてみてはどうか。 

また、都内のキャバクラであっても、電話やメールなどで、いかにプライベートな関係になっていくのか、というのも楽しい遊び方のひとつです。客として扱われないのか、といったことに挑戦するのも面白いです。そのためには、キャバ嬢のわがままな電話にも付き合ったりすることも大切にはなります。
2009.09.11 Friday | ナイトン | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.15 Thursday | - | - | -
<< 足立区調査 自殺の前兆 保健師の半数が把握  NHK | main | 若者はなぜ自殺するのか >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--