スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.06.15 Thursday | - | - | -
30歳からの保健体育
評価:
三葉
一迅社
¥ 1,500
(2008-11-26)

  送られてくる雑誌の中のひとつ、月刊テーミスがあります。書店では売っていない会員誌のひとつです。その2月号を今更ながら読んでいて、「16歳から49歳まで3千人調査 『セックスレス』現象拡大と実際の性行動」という記事を見つけた。

 記事の内容は、40歳代までの夫婦の約40%が「セックスレス」であることが、厚生労働省研究班の調査でわかった、というもの。調査には、日本家族計画協会の北村邦夫先生がかかわっている。もともとは妊娠中絶がなぜ減ったのか?を調べることで、仮説として、1)出生数が増えた、2)避妊教育が充実した、3)近代的避妊法が普及した、4)性交頻度が少なく妊娠の機会が減ったーというものがあった。

 1)と2)は否定されたが、3)は、低用量ピルの売り上げが伸びていることで関連性があるとされた。そして4)を調査するために、16歳から49歳までの3000人を調査した。それによって、婚姻関係にある男女の36.5%がセックスレスということがわかった。04年調査の31.9%、06年調査の34.6%と、徐々に増加していることがわかった、という。

 これらのデータはすでに報道されていることもあり、今さらびっくりすることはない。私がちょっと気になったのは、記事の中にある本が紹介されていたことだ。それは『30歳の保健体育』(一迅社)だ。記事によれば、「セックスの前には恋愛がある」をはじめ、「デートの誘い文句」や「セックスをしやすい雰囲気づくり」「楽しむセックス」「マンネリにならないために」といったことが書かれているという。

 先日、知人と「恋愛マニュアルなき時代」の話をした。かつては、デートをするための「ポパイ」、セックスの方法を紹介した「ホットドックプレス」があった。雑誌では、恋愛やセックスについて王道のマニュアルがあったりしたが、いまは、恋愛の多様化などでマニュアルが存在しえなくなった。そんな中で、マニュアルとも思える本が出たというから、気になった。

 きょう、紀伊国屋新宿本店にて、「ジウ2」と「ジウ3」とともに同書を購入した。さっそく読んでみることにする。

 つか、「ゲームの常識は捨てよう」(p24)って、当たり前だろ!? 

 あれ?間違い見つけた? 
 p104の避妊方法のところで「モーニングアフターピル」についての説明。「射精後120時間まで有効」ってあるけど、違うんじゃね?「性交後72時間以内」じゃなかったっけ?

JUGEMテーマ:読書
2009.03.09 Monday | 書評 | comments(0) | -
スポンサーサイト
2017.06.15 Thursday | - | - | -
<< 人口動態との比較は意味があるの? | main | 出会い喫茶、規制へ? 警察庁 >>
コメント
コメントする










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--