安易に評論できない「沈黙の隣人」
  増田俊樹監督の「沈黙の隣人」。この映画を一言で言えば....、いや、一言では言えない。何かを言えば、そんな浅い見方しかできないのか?と見透かされてしまう気がする。  犯罪者の心理や行動パターン、またはその周辺の友情や家族愛などが見え隠れするが、この映画の本質は、生と死をめぐる価値観が見て取れる、といってもいいのかもしれない。そうした感覚が出たのは、これは監督の友人の追悼作品だからなのだろう。  犯罪といっても、アメリカ映画に見られるような、大銀行の強盗といったような「大きな物語」がそこにあるわけではない。少なくとも映画に出てくる犯罪は「小さな物語」だけだ。アクションシーンもほとんどないために、あまりにも日常過ぎる映画だ。  しかし、日常過ぎるからこそ、そこに何を感じることができたのか、というのは、見る側の感性を問われてしまう。  私が気になったのは、監督が演じる主人公の弟子?になっている男の存在だ。学歴が高く見えないが、主人公の子どもの家庭教師役をしている。これは、単に勉強を教えているというわけでない。『父親』役も担わせているのかもしれないと思った。娘からみると、主人公は「本当の父親」ではない。その引け目があるのかもしれない。  しかもその弟子は、運動神経も鈍く、それほどかしこくもなく、空気が読めるわけではない。こうした種類の人間が出てくる映画はいくつかある。こうした種類の登場人物を「周辺的存在」と読んだりする。メインストリームにいるわけではないが、その周辺には存在していて、なおかつ、主人公はその存在を抱え込んでる。  ある映画では、いじめられっ子だったりするし、別の映画ではそれがホームレスだったりする。あるいは、トラックの運転手だったりして、それらの存在が非日常的な癒しを提供してくれたりする。この弟子も、あるシーンまでは、そうした癒しの存在だった。主人公も、最後まで、この弟子を逃がそうとしていた。  ただ、本当に逃亡ができたのは、別の弟子だった。この人物が犯罪計画を立てる。主人公の会社が行き詰まる中で、お金が必要になった時、考えたのは、食堂のお金を万引きである。なんという「小さな物語」を選択したのか、と思ってしまうほど、「日常的な犯罪」をなぜ、このシーンで描いたのか。おそらく、トラブルや挫折は、間が指す、という言葉に表せるように、日常の中に映し出されるのかもしれない。  人とのつながりとは何なのか。  背景には、貧困や差別がある。様々な場面で理不尽なことが起きたり、してしまったりする。しかし、人を支えるというのは、そこに「正当な理由」は要らない。情念だけが理由でもよい。そんなことを考えさせられた。

JUGEMテーマ:映画
 
2010.05.22 Saturday | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
映画「アヒルの子」
 

 自分自身を取り戻すこと、そして家族再構築の挑戦するドキュメンター。端的に言えば、こう表現できるかもしれない。  「アヒルの子」は、監督の小野さやか自身が主人公。5歳の頃に「ヤマギシ会の幼年部」に一年預けられるが、その記憶がない。「親に捨てられた」と感じてしまう。その後、見捨てられ不安を抱えながら生きて行く。だからこそ、「いい子」で生き続けてきた。  映像だからこそ、カメラがあり、そのため、あそこで表現できた面と、あそこまでしか描けなかったという両方の面がある。カメラがあることで「社会」を意識し、多少なりとも、第3者を意識した「演技」をしてしまうからだ。  また、編集という技術も、監督の目の「編集」が入るため、ドキュメンタリーといっても、一定の「創作」が入る。そうしたドキュメンタリーの限界にどこまで近づることができるのだろうか。私は、この種のドキュメンタリーを見るときに、いつもそう思っている。  全体的な話からすれば、さやかの昼の表情と夜の表情をが違うのではないかということに私は気がつく。夜の表情は、感情を込めたものであり、カメラをあまり意識してないように見える。これまでの感情を込めながら、インタビューである以上に向き合う。そこには、さやかの思い込みを含まれているためか、どこに真実があったのかというよりは、さやか自身の納得のための聞き取りになっている。その一方で、昼の表情をしているときは、カメラを意識し、真実がどこにあったのかを冷静にとらえようとする姿があった。  では、夜の表情で立ち向かったシーンを考えてみる。まずは家族で唯一安心できる次兄と向き合う。ある意味、恋愛的な要素を求めつつ、性的な関係だけではない、すべてを包んでくれるかのような関係を求めようとする。二人で夜、部屋で寝ているが、さやかは、何らかの愛情表現を求めようとする。まるで次兄であれば、母親の胎内の中にいることと似たような、安心感を得られるのではないか?という期待感があったのではないか。  このとき、最もカメラを意識していたのは、次兄ではなく、さやかだったのではないか。次兄への気持ちを話すとき、カメラを抱える。感情的になっていながらも、カメラを意識する姿は、「女優」でもあり、「監督」であるさやかの強さともに、一方では、次兄へ近づきすぎてはいけないという壁をそこに作ったシーンでもあった。アンビバレントな感情が支配していたのかもしれない。  また、かつて性的虐待をした長兄へ向かうときに、非常に恐怖感のある表情をして立ち向かう。長兄がかつてさやかにした性的虐待をさっさり認めてしまったが、あれはなぜなのだろうか。長兄がカメラを意識したからかもしれない。そこで、否定的になっても、不利になるのは自分だからだ。  同時に、さやかとの決別だったのかもしれないとも思った。長兄はそこで何を読み取ったのだろうか。おそらく、さやかの納得を優先したのではないか。だからこそ、認めて、要求に応え、土下座までしている。その土下座は真に謝罪しているようには見えないが、さやかは「赦す」。もしかすると、このシーンがなくても、さやかはもう「赦したかった」のではないか、とさえ思った。  両親と向き合うシーンの数々では、「両親から捨てられた」と感じていたことを吐露する。初めてそんな感情を口にするのを目の前で見る両親。2人の立場からすれば、「なぜいまごろになって?」と思ったことだろう。「良かれ」と思ってきたことが、実は、娘の心に大きな傷を作っていた。父親は謝罪はしなかったものの、どうしてどんなことにしなってしまったのかと感じていたのか、口数が少ない。こんな時、常に論理の世界で生きてきた父親にとっては、まったくの意味不明状態だったのに違いない。  一方、姉と向き合うシーンは昼だ。表情もそこまで感情があふれている感じではなく、一歩引いている。なぜ、突っ込めないのか。もちろん、同性的な予定調和がそこにあるのかもしれないが、姉には突っ込めない何かがあるのではないか。その何かはおそらく傷であり、傷を知っているからこそ、責めきれないのではないか。だからこそ、夜の顔で向き合うことを選択しなかったのではないか、と思ってしまった。見ている側からすれば、「和解」という形が、なぜか、しっくりこない。  もう一人、昼の顔で向かい合うのは、母親。「死にたい」と思ったことがあることを初めて告白しても、母親は、「母親らしく」、受け止めようとする。娘をしからずに、じっくり話を聞く。そんな姿を前に、娘としてのさやかはやはり、なぜか距離を置く。カメラを意識した昼の顔では責めきれない。だからこそ、もう一度向き合おうとするときは、夜の顔のときになる。夜となると、両親は二人一緒であり、ようやく向き合う決意ができたときには、すでに深夜になっていた。足がぶるぶる震えているシーンは印象的だ。  宣伝用のサイトには、  [家族]の中での[いい子]の[私]。 [私]は[わたし]を取り戻すために [家族]を壊す決意をした。 
  というタイトルがある。[家族]を壊す決意、とは何か?家族の闇を表に晒すことなのだろうが、さやかが求めたのは壊した後の再生だったのではないか。しかし、壊そうとしてさやかの思いをぶつけた家族は、そこまで強固なものではなく、壊れやすいものだった。ちょっとしたことで負の部分が見えてくる。やっとの思いで決をした[家族]を壊すこと。そこに何の意味があったのだろうか。そこにこだわり続けることに何の意味があったのだろうか。ラストシーンでは、[家族]再生の物語があり、自分を取り戻すさやかが描かれる。果たして、そんな奇麗なハッピーエンドでよいのか。  かつて、「ファザーレス」という映画があった。「父なき時代を生きる」というものだった。なぜ、自身が自傷行為をするようになったのか、また出自である被差別部落の問題、貧困、夜遊びを繰り返してきた母親、軽蔑してきた継父。過去の自分と向き合ったドキュメンタリーを見たとき、まさに「アヒルの子」と似たような自分解放の物語だった。しかし、「ファザーレス」の監督が、その後、生きやすい人生を送ったわけではない。むしろ、その後、「ファザーレス」での苦悩以上かもしれない。  トラウマと向き合い、その原因となった人たちと“対決”することの意味は、何なのだろうか。その原因を突き止めることはジャーナリズム的な意味で、あるいはドキュメンタリー的な意味での、「真実」に近づけるのかもしれない。真実に近づければ、「納得」できるかもしれない。しかし、「納得」できることと、その人が生きやすく過ごすことができるのかは別の問題であろう。  かつて、性的虐待の当事者を取材した時、虐待の当事者(父親)を訴えたいと言い出した人がいた。私はそのとき、「訴えて真実を解明し、父親へ復讐することと、あなた自身のトラウマが解消されることは別の問題かもしれないよ」と言ったことがあった。彼女は「仮にそうだとしても、訴えないと気が済まない。勝てば、前に進めるかもしれない」と言い、裁判をし、勝訴した。しかし、彼女は、その後、生きやすくなったわけではない。結局、様々な生きづらい人生を送り、最後には自殺をしてしまう。  トラウマとどのように向き合っていけばよいのか。そこにこだわることの意味はなんなのか。いろんなことを考えさせられる。トラウマの原因ともなった家族たちの生き様や、「どうして、あのとき、あのような行動をしてしまったのか」ということまで最終的に行き着いてしまうと、家族なりの「物語」が存在する。それらは良くも悪くも「正当化の物語」であり、トラウマの加害者を免責してしまうことになる。  たしかに、加害者を免責することは再生の物語のプロセスには必要だろう。しかし、それは再生しきった後に、生きやすい人生を保証するものではない。その後の生き方を獲得するには、別の苦労が必要になってくる。さやかはこの作品後、生きやすくなったのだろうか。私には、そこが一番気になった。

JUGEMテーマ:映画
2010.05.17 Monday | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
個人の幸せとコミュニティの幸せは対立する?
 増田俊樹監督作品「おやすみアンモナイト」の試写会に行ってきました。

   

 「素人の乱」といえば、高円寺や阿佐ヶ谷にあるリサイクルショップです。その経営者は、松本哉さん。彼が、この作品のモデルです。知っている人もいるでしょうが、簡単に言えば、仲間たちとともに「祭り」を仕掛け、学生時代は「法制の貧乏っくささを守る会」を作って、学費値上げやキャンパスの再開発などに反対した。卒業した後は、「貧乏人大反乱集団」を結成する。

  私が彼を知ったのは、2003年12月の「クリスマス紛糾集会」でした。07年には杉並区議会議員選挙に出馬するなど、祭りと政に目を向けてているような、ある種の「革命児」でもある。

  彼をモデルとした主人公「小日向登」が、学生時代の仲間たちと語り合い、世の中の不平/不満を議論したり、ときにはちゃかしたりしながら、世の中で楽しいことを探し続ける。そんな彼に集まってくる仲間たちの存在。ただ、そこに、本気で革命を夢見る「椎葉智」も混ざり込んでいる。時には信頼し合っているが、東京という生温さを毛嫌いするノスタルジーを感じさせる登場人物も出てくる(「世界革命」を夢見る人物か)。 

 これをみて思ったのは、「個人の幸せ」と「コミュニティの幸せ」との関係でした。恋愛で充実して、コミュニティを抜け出すといったシーンもある。また、目の前の生活が大切か、それとも世界の幸せが大切なのといった問いかけも混ざり込んでいる。

  最近、「社会学にできること」(西研/菅野仁著、ちくまプリマー新書)を読みました。  西さんはかつて「社会問題」と「自分のやりたいこと」の二つに切り裂かれた、と述べています(p18)。また、菅野さんも、「社会のことは考えなくてよい、自分と自分の身の回りの関係のことだけが本当に考えるべき問題なのだ」と考えたことはあるといいます(p26)。

  特に、西さんは80年代、「消費社会的な快楽主義には違和感があったんですが、やはり左翼の党派性や倫理主義に対する違和感を強く感じ始めていた」(p25)といいます。私の大学時代は、80年代後半から90年代前半ですが、私も似たようなことを考えていました。

 そんな悩みが描かれているように感じしました。

 ちなみに、同書では、社会学について、

 1)社会学は、一人ひとりの「幸福のデザイン」に役立つ
 2)社会学は、「社会への配慮の知的技術」として役立つ

 と結論づけています。


 

 そして、もう一つの物語の主人公「竹田成子」は、父親が行方不明となり、母親とともに協力しながら、入院した祖母を支えながら、生活していく。劇団に入り、女優を目指す竹田は、家計が苦しいために、新聞の勧誘員のみならず、六本木でのクラブで働き始める。

  新人のいじめのシーンは、迫力が満点だった。私もキャバクラなどの水商売でいじめられる人たちの話を聞いたことがある。ストーリーとしてはリアルだし、その“先輩たち”が、新人/竹田をいじめるときの表情もリアリティーがある。

  キャバクラなどに行くと、気に入った嬢がいたりするが、なぜかいつも母子家庭だったりする。母子家庭の底力といったものになぜか惹かれている自分がそこにいる。そして、この竹田も、実質的な母子家庭の娘で、共通点を見いだせる。そうした設定がなんとも言えない。

  ただ、他の主人公も、2人の主人公並みの設定だ。この映画は、誰を主人公にして観るかによって、世界が変わって見えるだろうと思った。その意味で、観るたびに、感想も変わるるのだろう、と思った。

   

  写真は、竹田役の疋田紗也さん。 
2009.12.18 Friday | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
愛せない自分を愛するため 聴覚障がい者ロッカーズのドキュメンタリームービー
  「愛せない自分を愛するため」というキャッチが、フライヤーに書いてるのは、ドキュメンタリー映画「JAP THE ROCK REVOLVER 聴覚障がい者ロッカーズのドキュメンタリームービー」。 

 監督は島田角栄。 

 これは、20周年を迎える聴覚障がい者と彼らを支えた教師の4人で組むロックバンド「BRIGHT EYES」を取り上げたドキュメンタリー。メンバーのインタビューを中心に、これまでの人生や、バンドのこと、家族のことなどを聞いている。 

 昼間の新宿ロフトプラスワンで試写会をするというのを、知り合いのカメラマンから聞きつけて、行ってきた。

 

 メンバー4人をインタビューし、なかには家族のインタビューや映像が入っているシーンもある。なかでも印象的だったのシーンがいくつかある。 

 監督が「母親を恨んだことがある?」と聞いて、メンバーの一人が、 

 「今は恨んでない」と言ったその後、涙があふれながら、高校時代のエピソードを話す。 

 「宿泊学習があって、親に手紙を書くということがあった。そのとき、母親に『どうして僕を産んだの?』と書いた。母親は何も言わなかったけど・・・・」 

 と涙をこらえてなくシーン。 

 また、ボーカルの人が、バンドのせいで高校時代の彼女と別れ、バンドと結婚生活が両立できなかったことについて、 

 「バンドを続けたのは生きがいだったから。音楽が支えてくれた」 

 などと話していた。 

 人は何かによって支えられ今日を生きている。このバンドのメンバーは、支えられたものの一つとして音楽があり、占める割り合いも大きい。しかも、耳が聞こえない人たちだからこそ、解散しなかった。もしかすると、他にいくバンドもないから、できなかったのかもしれない。 

 ただ、残念だったのは、インタビューが中心になって、彼が曲を産み出す葛藤や、「半年かかって覚えるのは一曲」という技術的な苦労のシーンがほとんどなかったこと。 

 5月16日(土)から3週間、渋谷のユーロスペースで上映される。 
 午後9時から午後10時40分のレイトショー。
2009.02.15 Sunday | 映画 | comments(0) | -
攻殻機動隊2.0
攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL
攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL
サントラ,川井憲次,PONG CHACK MAN


 「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL 2.0」を観てきた。前作にCGを取り入れ、音響はスカイウォーカーで実現。

 人間が不完全なボディとなったとき、ある部分をサイボーグにしていく。こうした考えは、以前からあった。最も身近なものとしては眼鏡もそうだろうし、義手や義足も同じ視点で考えられる。それをシステマチックにしていくと、サイボーグということになるんだろう。

 アシモという人間型ロボットも誕生するなど、ロボットは人型としてどこまでが可能なのか、を追求するのが現場レベルでも考えられている。本来、人型のロボットは効率が悪い。にもかかわらず、技術者はそれを目指す。

 そして完成させたものが「義体」なのだろう。

 登場人物は、その「義体」はどの程度で、オリジナルはどの程度なのかは明かされない。オリジナルがある場合は、オリジナルの人間本来が持っているゴースト(魂、霊的な概念)が宿っているとされている。

 しかし、そのゴーストは電脳社会とリンクし、インターネットというネットワークに侵入が可能になる。インターネットという電脳ネットワークは、人が作り出した外部の記憶装置。知の集積回路でもある。知識のみならず、経験が詰まっているところでもある。

 だとすれば、ネットワークに侵入可能なゴーストは、そもそもオリジナル足りえるのか。自分が自分である理由とは何か。もし、その自分である記憶が、他人に作り出されたものであったら、どのように「自分」を定義づけることができるのか。

 あるいは、知の集積回路にアクセス可能なゴーストは、そもそも「個」で有り続けることができるのか。これだけ、インターネットがないと生活できない社会に存在しているということは、逆にいえば、ネットワークなしに、個がありえるのか。

 元の映画は1995年の公開。ウィンドウズ95が発売されて、インターネットが普及していくきっかけになった。そんな年に公開された映画だが、この命題は、いまだに回答を見ていない。

  「人形使い」が、「彼」から「彼女」になってる?



2008.07.29 Tuesday | 映画 | comments(0) | -
トークショー
 ポレポレ東中野での、『聴かれた女』トークショーに先日、私も行ってきましたが、レポートが公式サイトでアップされています。
2007.02.22 Thursday | 映画 | comments(0) | -
蒼井そら


 蒼井そら主演の『聴かれた女』を、ポレポレ東中野で観てきました。

 始まってすぐ、あれ?この風景どっかで・・・・。
 あ!なんと、『漫画実話ナックルズ』の編集長の高井さんが、「編集長役」で出てるじゃないですか!!!!この観たことあるような風景は、編集部だったのか!!!と、本編とは関係ないところで、いろいろ考えてしまう。

 さて、ストーリーは公式サイトで。レビューは、いずれ書きますが、ここではちょっとだけ。

 蒼井そら演じる皐月の隣に引っ越してきたリョウが、皐月の部屋を盗聴していると、実は、彼氏・雄太が皐月の部屋を盗聴&盗撮していることがわかるという変態なストーリー。なんか、途中で、リョウを応援したくなるが、リョウだって盗聴してるんじゃないか!、って思ってしまう。不思議な話。

 それにしても、雄太とうまくいかなくなってくるところから、急に、皐月がかわいくみえてくる。なんだろう。カメラに慣れてきたときに撮影だったのだろうか。それとも、リョウに皐月が心を移してきた、と見えたからなのだろうか。AVなんかで、徐々にリラックスしてくると、かわいく見えたりすることはあるが。。。。

 いろいろ考えたことはあるが、さて、その後のトークショー。

 初日の舞台挨拶はこんな感じだったらしいが、さて、蒼井そら&しまおまほ(漫画家)のトークはどんな感じか。

 映像と同じで、そらちゃんはかわいいっすね。裸を見せなくても、絶対、売れるのにな、と思いながら、それでも脱ぐ彼女って、いったいどういう存在なのか?と思うほど、普通な女性を出しつつ、堂々としている。今時でありながら、今時でもないアンビバレントな存在なのかもしれない。

 そんなことをトークを聞きながら、思ってしまったが、

 「変態好きですよ」

 ってコメントがなぜか耳に残る。

 
2007.02.17 Saturday | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
グッドナイト&グッドラック
グッドナイト&グッドラック

年度: 2005
国: アメリカ
公開日: 2006年4月29日
張りつめた緊張感に男たちの信念が充満する。ジョージ・クルーニー渾身の“真実”のドラマ


 1950年代のアメリカ。
 ソ連を中心とする共産主義との冷戦のさなか、アメリカ国内にいる共産主義者、社会主義者、そのシンパ、関係者を追放する“レッド・パージ”が起きる。その中心となったアメリカの上院議員マッカーシーの名を取って、マッカーシー旋風とも言う。

 その中で、報道も萎縮する状況が生まれる。CBSのキャスター、エド・マローがその萎縮した状況では、自由の名のアメリカではないと思い、共産主義者のレッテルを証拠に基づかないことを疑問に感じ、仮に共産主義者だとしても意見は尊重すべきと思い、マッカーシーに挑戦する番組をつくる。

 しかし、エド・マローの番組でのスポンサーがおり、結局は、視聴率も取れ、スポンサーもつくクイズ番組に取り代わる。そして、そのキャスターの報道番組は時間帯を変え、残り回数も指定されてしまう。一方、マッカーシーは、レッド・パージの調査委員会を下りるが、上院には残る。影響力は多少なりとも続く。結局、エド・マロー、そして、テレビは政治に負けたのだ。

 テレビの弱さは日本でも同様にあるだろう。しかし、自由の国のアメリカでさえ、報道の自由を制限しようと思えば、いつでもできることを証明している。ただ、視聴率がクイズ番組に負けるのが、報道が負ける理由のひとつとしてあるのなら、負けないために視聴者の協力が必要になる。

 自分自身の身の安全を守るために、友人を犠牲にしてしまうレッド・パージ.まるで、共謀罪が導入されようとしている今後の日本をみるようではある。

 ただ、アメリカ映画っぽさは、共産主義は「悪」としているところ。アメリカはその「悪」の意見を認めているのだ、と。映画の中で、証拠と適正手続きに基づいて共産主義者かどうかを判断せよ、と指摘する部分があるが、共産主義が「悪」というのも、証拠と適正手続きに基づいてほしかった。

 メディア・リテラシーの勉強にもなる映画であろう。
2006.05.27 Saturday | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
ガメラ
タイトル 小さき勇者たち〜ガメラ〜
少年とガメラの心の交流、成長を描いたジュブナイル・ファンタジー


 33年前に自爆したガメラが産み落とした?と思われる卵から、子ガメラが産まれる。その子ガメラに、見つけた少年は「トト」と名付ける。「トト」は、交通事故でなくなった母親が少年をそう呼んでいたことから名付けた。

 少年は「トト」を大事に育てる。しかし「トト」は急激に成長を遂げる。危険だと思って捨てに行くが、どうしても捨て切れずに持ち帰ってしまう。そこで、何がなんでも育てるんだと決意する。友人たちも、その「トト」育ての秘密を共有する。が、大きくなりすぎて、少年の部屋では飼えなくなり、秘密基地に。子どもの成長に必要な、子ども同士の「秘密の共有」なんかは、子育ての中で、大人達が忘れてしまっている。

 その後、巨大化した「トト」は、急に襲ってきた巨大怪獣と戦うことになる。日本政府も「トト」をガメラと認定し、巨大怪獣と戦わせる。しかし、まだ子どもの「トト」には、お守りが必要だった。そのお守りを届けるために、リレー方式で子ども達が届ける。そのシーンは、泣かせ時をわかっていながらも、泣いてしまった。何も台詞のない子ども達が、「トト」へお守りを届けることを感じる無言のリレー。言葉はなくても、メッセージというのは伝わる。

 そして、少年は「トト」にお守りを渡す。しかし、33年前に自爆したガメラの二の前になるのではなく、「生きるため」に、強くなって巨大怪獣を倒すために、お守りを渡すのだ。
 巨大怪獣を倒した後、日本政府は自衛隊を使ってガメラを捕獲しようとする。そのとき、無言のリレーをしてきた子ども達が立ちはだかる。

 「絶対忘れない」

 そう言って、少年はガメラを逃がす。
 ある意味で、ペットとの別れ、あるいは、人との別れは、いつか訪れる。好きでも別れなければならないときがある。そんな別れを積極的に決意することも必要なのだろう。

 ただ、この作品、ガメラ作品としてみると、リアリティーに欠ける。
 これまでリアリズムを積み上げてきた「平成ガメラ」3部作の続編という視点から見ると、駄作ではある。
2006.05.09 Tuesday | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--