「見覚えのないメールが届くも、店に行きたくなった理由」

 


 <お元気ですか? ずっとお店に出ていなかったんだけど、ここ最近、またお店に出ています。よかったら、また会いたいな>

 こんなメールが届いた。キャバ嬢だということは分かる。しかし、誰かが分からないでいた。私の携帯電話は、「電話帳」に登録していない人からのメールは「迷惑メールフォルダ」に入るのですが、まさに、このメールは、そのフォルダにたまっていた。

 誰だろう、と思って、アドレス検索をして、過去のメールを探してみました。すると、はっきりはしないのですが、「K」という店で会った嬢だということが分かった。ただ、顔をよく思い出せない。ということは、それほど印象に残らなかったということになるが、過去のメールを読んでいると、親近感が湧いてきたのです。

 そう思うと、気になるものです。メールを送ってみたが、返事がない。普通なら、ここで何も考えずに、店にも行かないのですが、なぜか、過去のメールのやりとりが気になっていた。そのため、返信がなかったものの、店に行ってみることにした。

 「K」に行って思い出したのだが、しばらくこの店に来ていないものの、

 「別の指名嬢がいたんだ!」

 と恐る恐る席に座った。この段階では指名嬢を探すことはできなかった。この夜は出勤していないのだろうか。一応、店に入る前にメールを送ってみたが、これまた返事がない。休みなのかもしれないと思ったのでした。

 そうしているうちに、メールをやりとりしていた嬢がやってきた。そこで、思い出した。ただ、この嬢だったとは意外な感じがした。なぜ、この嬢とのメールで店に来たいと思ったのだろうか。話しているうちに分かったのは、打算がない気がしたからだった。そういえば、かつてこの「K」は、営業を仕掛けるギラギラしている嬢が多かったが、この嬢は自然体だったのだ。

 その時だった。私が座っている前を、指名嬢が通り過ぎたのです。こちらを見ていなかったので、気がつかなかったのかもしれない。でも、あの距離で気がつかないはずもない。3席ほど離れて指名嬢が座っているが、陰になり、はっきりとは確認できない。結局、気がつかなかったのか、翌日、メールの返事があったが、このことには触れていなかった。

 さて、メールをくれた嬢だが、このときも癒し系の会話が流れていた。ただ、またも海外旅行に行くのだという。理由としては、もう25歳ということもあり、夜の仕事は辞めたいのだという。その「仕事納め」として、最近、旅行を繰り返しているのだといいます。

 帰宅後、こんなメールが返ってきた。

 <お店に来てくれてありがとう。これからも仲良くしていきたいです。ハワイから帰ったら、また連絡するね>
2010.10.31 Sunday | ナイトン | comments(0) | trackbacks(0)
「覚えていますか?」とのメールにどう答える? 
 



 キャバクラやガールズバーによく人は、女の子と連絡先を交換することが多いと思います。携帯電話で番号を交換する際、赤外線通信をすると思いますが、女の子の中には、携帯の「オーナー情報」ではないデータを送る人がいます。「オーナー情報」には、プライベートのデータが入っている可能性があります。

 たとえば、本名や住所、生年月日などです。それらを知られたくない、特に本名を知られたくない女の子は、他人のデータを登録する「電話帳」の中に、源氏名と連絡先を入れて、そのデータを送っていたりするのです。仲良くなったキャバクラ嬢からそんな話を聞いたことがあったのですが、先日、そうやって赤外線通信をしているキャバクラ嬢を発見し、改めて、こういう嬢がいることを確認できたわけです。

 さて、メール交換をする中で、もう二度と会っていない嬢はたくさんいるとは思います。私も何人いるかわからなくなるほどです。そんな嬢から

<てっちゃん、覚えていますか?>

 とのメールがきても、なかなかその気にならないものです。私の場合、自分の携帯電話の「電話帳」に登録していないと、メールが来ても「迷惑メールフォルダ」に振り分ける設定にしています。そのため、友人でも、携帯のアドレスを変えたという連絡は「迷惑メールフォルダ」に振り分けられます。そのため、私は「迷惑メールフォルダ」を毎日のようにチェックしています。

 ある嬢(20代前半)のメールも、「電話帳」に登録されておらず、「迷惑メールフォルダ」に振り分けられました。文章を読む限りだと、お店に行ったときに指名しているらしいことが分かりましたが、どこの店なのかが思い出せませんでした。過去のメールのやりとりも少なく、見当がつきません。仕方がないので、

 <どの店で会いましたか?>

 とのメールを返信したのです。すると、その嬢は素直に、「A」という店で会ったことを教えてくれました。しかし、現在は「S」という店にいるといいます。それにしても、なぜ、ずっとメールをしていなかったのに、メールが来たんだろうか? と不思議だったのですが、どうやら、しばらく店に出ておらず、メールがあった後の一週間は店に出ているというのです。しかも、その後はいつ入るか分からない、という設定だ。

 そんなスケジュールを出すキャバクラ嬢が最近多いと感じています。準レギュラーの子、もしくは、不定期の子を指名することが多くなっているということでしょうか。そうした嬢の場合は、大学生だったり、フリーターだったり、旅行をするために一時的に働いていることがあります。

 メールのやりとりをしていると、この嬢のことを徐々に思い出してきました。でも、なぜ私がいかなくなったのかも思い出してきました。実は、その「S」という店には、その嬢が入ってくる前から指名している別の嬢がいるからでした。だから、「電話帳」から削除し、「迷惑メールフォルダ」に入るようにしていたんだと気づかされました。

 でも、その嬢のメールを見られないようにわざわざデータを削除したということは、妙な意識しているということの現れではないか、と自分で自分のことを勘ぐってしまいます。ちょうど、指名嬢がいないタイミングがありますので、その嬢に会いに行ってみようと思います。

2010.10.17 Sunday | ナイトン | comments(0) | trackbacks(0)
イベントと同伴日にしか連絡をしないキャバ嬢よりも…
 


 歌舞伎町のキャバクラに出入りするようになって、10年以上が経ちます。そんな年月のほとんどを知っているキャバ嬢がいる。20代後半で、その店では超ベテランということになる。一時は、ナンバーワンとなったものの、その後は、中堅クラス。本人曰く、「もう若くはないしね」と、年齢を理由にしているが、他にも理由があるんじゃないか? と思われるような嬢だ。私から見ると、「ちょっとやる気がないんじゃないの?」と思ってしまうが、長年続けているということは、多少の「やる気」はあるんでしょうね。

 さて、そのキャバ嬢もそうですが、イベントがあるときか、強制同伴日で客が見つからないときにしか電話をしてこない嬢がいますよね? 最初の数回はいいのですが、何度も断っているのに、ダメ元で電話があるのは、「あなたの誘いは断りますよ」というメッセージを読み取れず、学習ができていないのでしょうか?

 あるとき、こんな電話がかかってきました。

 「明日は、水着デーなの。よかったら来て」

 「え? 水着? あの店でそんなのしかことないよね?」

 「うん。必死みたい。最近、お客の入りが悪いから」

 「そうなんだ。ほんと、必死だね」

 「いつくるの? なんか、こんな電話ばかりして、もう何か月も、いや何年も会ってないような気がするんですけど」

 こんな台詞の電話ばかりなんですが、普通のキャバ嬢なら、もう私との関係は切り捨てるはずです。私はもう切り捨てている気分なんですが、なかなか切り捨ててくれないようです。なぜ、切り捨ててくれないのでしょうか? というか、まだキャバクラ嬢を続けるのか、という感覚もあります。

 それにくらべて、イベントでもなく、強制同伴日でもないのに、一緒に飲みたくなったり、顔を見たくなり、私から会いたくなるキャバ嬢が最近、います。特別、可愛いわけでもなく、特別、エロでもない。サービスが過剰でもなく、どちらかといえば、必死に営業をしていないのですが、存在するだけで私の心を癒してくれる不思議な存在です。

 でも、最近、あまり店には入っていないようです。先日も、次にいつごろ、出勤するのかを聞いたところ、メールでこう返ってきました。

 <返事が遅れてごめんさい。最近は、出勤の予定がないのです。いろいろ忙しくて。でも、予定が入ったら、連絡させてください>

 そっけない、ありがちなメールです。通常なら、こんなメールが来たら、「もう、いいや」って思ってしまい、ターゲットを変えてしまうんですが、このようなメールが来ても、「この嬢がいないのなら、その店には行かないでおこう」と思ってしまうのです。

 なぜなんでしょう。私のタイプの女性だから? いや、違うのです。個人的に好きになるようなタイプの女性とは違うのです。それなのに、気になるのです。だからこそ、会えないのは余計に切ないのです。キャバ嬢に対して、こんな風に思ったのは何年ぶりでしょうか?
2010.10.08 Friday | ナイトン | comments(1) | trackbacks(1)
戦前からの建物がある「新宿センター街」
 

 戦前からの建物がある「新宿センター街」 キャフー 10.09.16


「センター街」。その言葉を聞いて、多くの人が頭に浮かべるのは、「渋谷センター街」だろう。しかし、「センター街」は、新宿にもあるのです。しかも、歌舞伎町のど真ん中です。場所は、新宿区役所の近くであり、風林会館の正面なのです。そう聞いても、すぐに分かる人は、そういない。

 「思い出の抜け道」という看板がある場所だと聞けば、歌舞伎町を知る人であれば、分かる人もいるかもしれない。1951年から、この街が「新宿センター街」と呼ばれていることを示す「since 1951」とも書かれている。

 私がこの「センター街」に初めて踏み入れたのは「K」というバーでした。ライターの先輩に連れられて行きました。当時はおかみさんがいて、歌舞伎町のおふくろサンのようなイメージでした。

 しかし、しばらく行かないでいると、おかみさんは引退。お客さんだった男性が現在も、バーテンを務めています。歌舞伎町のど真ん中ですが、外見では「おしゃれ」には見えない「センター街」。お店に入ると、落ち着いた雰囲気で、ゆったりとした雰囲気でアルコールを口にすることができる。

 また「B」という店も私はお気に入りだ。このあたりのバーは狭いのが基本だが、ややゆったりとしたスペースがあるので、4〜5人なら店に入って楽しむことができる。

 食事処もあります。中国料理屋が2つあり、私はその一方の店「S」には常連です。そこの定番料理のひとつに、揚げパンがあります。ハマグリの甘辛炒につけて食べるのが美味しいですが、揚げパン単独でもおすすめです。とあるキャバクラ嬢(20代後半)と一緒に行ったとき、彼女は揚げパンを気に入ってしまいました。そのため、仕事が終わると、いつも揚げパンを買いに、その店に行っていたのです。

 この「S」という店は、金城武主演の映画「不夜城」のオープニングで使われた路地に面し、「S」の店内でも撮影がされました。ちなみに、この「不夜城」は、作家・馳星周のデビュー作です。馳さんは、新宿ゴールデン街でバーテンをしていたことがあるようですが、この街でも飲んでいたとも言われています。

 また、この街の特徴のひとつは、バラック建て飲み屋さんがいくつもあることです。最近では、店主が若返っていることから、客層も若くなってきています。外国人観光客も多く来ていて、新宿・歌舞伎町をイメージするどころか、まるで、「現代の日本」という感じがしません。というのも、この街の建物は、第2次世界大戦前から存在しているということで、タイムスリップをしている感覚なのです。

 私がオーナーをしているバーもこの街にあります。もともと、その店でバーテンをしていたのは6年前。火曜日だけカウンターに立っていました。2年間だけでしたが、様々な人たちとの出会い、交流がありました。そればバーの醍醐味でもあります。

 その後、一人の客になりますが、店長として復帰。オーナーとなったのです。前のオーナーが店を撤退するとの話を聞いたとき、様々な出会いのあった「この場所」をなくしてしまうのはもったいない、と思ったのです。しかも、歌舞伎町の中心ですし、いろんな意味で、可能性のある場所だと思ったわけです。

 キャバクラ嬢を連れてくると、ほとんどの人がびっくりします。この前も、

 「この路地になにかあるの?」

 「この建物に入るの?」

 「こんなに階段が狭いの?」

 「階段、降りるの、怖〜い」

 と言いながらも、楽しんで行ってくれました。歌舞伎町の中心でありながらも、キャバクラ嬢でさえ、知っている人は少ない街です。この街に踏み入れてはみませんか?

2010.10.08 Friday | ナイトン | comments(0) | trackbacks(0)
「指名した嬢は、またまた「母子家庭」だった!!」
 

 「指名した嬢は、またまた「母子家庭」だった!!」 キャフー 10.09.09

 先日、キャバクラに行った際、ほんの少しだけ話をしたY嬢(21)のメールアドレスを聞いた。ほとんど話をしていない上、赤外線通信での連絡先の交換ではなく、メモを渡されただけだった。

  そのため、初対面でそれほど仲良くなったわけではないことが明らかだった。こうした場合、私は連絡を取らず、再びこの嬢と話をする機会があるのを待つものだ。しかし、このY嬢には、なぜか気になったので、珍しく自分からメールをしたのだ。 

 <覚えていますか?帰り際にメールアドレスを聞いた、渋井です。今度は、いつごろ出勤していますか?> 

 すると、すぐに返信があった。

  <覚えていますよ。今度は水曜日と、木曜日にいると思います。ぜひ、一緒に飲みましょう>

  水曜日ということは、そのメールを送った翌日だった。そのため、水曜日になってお店に行ってみると、すごく混雑をしていて、待ち時間もあったために、この日は店に行かないことにした。その旨を伝えると、

  <残念です。明日もいますので、待っています>

  とのメールが返ってきた。そして、翌日、夜の遅い時間に行ってみることにした。しかし、この日は、早く上がってしまったようで、この日も会えなかった。

  <なかなか会えないですね。ごめんないさい。でも会いたいし、話をしたいです> 

 <なかなか会えないのもよいものです。まるで、遠距離恋愛中の恋人みたいじゃないですか>

  <そう言ってもらえると、うれしいです>

  といったメールのやりとりが続いていた。そして、その翌週になってお店に行くと、ようやく会うことができた。初対面ではほとんど話をしていないのに、メールで会話をしていたせいもあり、久しぶりに会った恋人のような気分になった。記憶していた顔よりも、実際の顔のほうが可愛くみえたことも影響しているのだろう。

  話をしていると、都心から家が遠いために、上がりの時間が早いこと、大学生であること、授業料も自分で支払っていること、趣味も楽しみたいので、こうしたキャバクラで効率のよい仕事をしているのだという。

  こうした話を聞くと、苦学生であり、もしかすると、家の事情が想像できた。私が指名する嬢は、母子家庭の子であることが多いが、やはり、Y嬢も母子家庭であることが判明した。そのとき、ちょっとしたがっかり感があったのと同時に、安堵感もあった。やっぱり、私は母子家庭の嬢が気になってしまうのか、と。私はそういうものなんだ、と改めて感じた夜だった。

2010.09.14 Tuesday | ナイトン | comments(0) | trackbacks(0)
京都へ行ったが、はしごしたのは…
 京都へ行ったが、はしごしたのは…キャフー 2010年05月06日 15時12分 4月末、取材のために京都へ行くことになった。ここ何度か、京都に来ると、お気に入りのキャバ嬢がいて、指名していた。でも、その指名嬢がすでに店を辞めてしまっている。数ヶ月前に、店を辞めて、就職活動に専念するとのメールをもらっていたのだ。

 そのため、今回の京都では、「お気に入り」を再び探すことにした。そこで、まずは、先の指名嬢と出会った店の目の前まで行ったのですが、なんと、木屋町にある店は開いてない。店自体が亡くなったのか?と思い、周囲のキャバクラの店員に聞いてみた。

 「定休日ですよ。この曜日にやっていることもあるけど、基本、やってないようですよ」

 定休日に来てしまったのか。つまり、運が悪かったのだ。

 「どうしようか。そうだ、この店を教えてくれた友人に電話しよう」

 と思い、周囲のキャバクラの勧誘を断り、電話をかけた。すると、系列店を教えてくれた。しかし、なぜか、触手が動かない。そのため、ぶらぶらと歩いていると、コスプレイベントをしていた店を見つける。いろいろ話ができたが、どうにもなぜか、気分が乗ってこない。この夜に求めているのはキャバクラではないのかもしれない。指名嬢を失った私は、もしかすると傷心なのか?

 翌日、取材後に、三条のカフェに行った。そこにいることをTwitterでつぶやいた。すると、京都在住の知人のマッサージ嬢K(30代)がそれを見つけたようで、仕事帰りに寄ってみようと思ったようだ、自転車でカフェに向かっていた。そんなことを知らない私は、まさにカフェを出たところで、自転車を押しなら、こちらに向かって挨拶をしている女性を見つけた。

 「こんな時間の、こんなところに、知り合いがいるはずではない」

 そう思った私は、周囲を見渡すが、その女性に挨拶をしている人が誰一人いない。振り返ると、その女性は私に向かって手を振っている。

 「え?わたし?」

 よく見ると、そのマッサージ嬢Kではないか。Twitterのつぶやきのおかげで、携帯電話の電話帳に連絡先が入っていない相手と連絡がとれてしまった。びっくりする再会だった。

 翌日の夜、そのマッサージ嬢Kと飲むことになった。元同居人の別のマッサージ嬢S(26)も呼び出し、3人で木屋町で飲んでいた。そしてカラオケに行こうという話になり、私の友人T(27)も京都に出張で来ていたことを、これもTwitterで知り、電話をして呼び出し、総勢5人で朝4時まで歌い続けた。

 次の日、マッサージ嬢のSが働いている店に行くことにした。忙しかったらしく、30分しか時間がないというので、30分コースをしてもらうことにした。ちょっと触っただけで、どんな生活をしているのか想像していたが、ほとんど当たっていた。食生活の様子も分かってしまった。おそるべし、マッサージ師。

 30分でも気持ちよかったが、満足はできなかったために、私はマッサージ店をはしごすることにした。次に行ったのは、頭のマッサージ専門店。気分がよかったので、寝てしまった。そこそこ満足したものの、寝てしまうと、「こんなに早いの?」と思ってしまい、また満足できなかった。

 結局、もう一軒、はしごをしようと思った。そこはオイルマッサージだった。オイルマッサージって、本格的なところは少ない。ここもそうなのかもしれない。しかし、マッサージをしrてもらいたい衝動に駆られていたので、入店してしまう。予想外に、とてもうまいマッサージをしてくれて、血液循環もよくなったように感じた。3軒連続でマッサージをしてもらいと、種類や場所も違っていたこともあり、とても満足してしまった。

 東京に帰ってきても、なんだか、毎日のようにマッサージ店に通いたい衝動にかられている。
2010.06.21 Monday | ナイトン | comments(0) | trackbacks(0)
歌舞伎町の中心で10年前を思い出す
 歌舞伎町の中心で10年前を思い出すキャフー 2010年04月30日 15時03分 ライターという仕事は、取材に時間をかける日もあれば、執筆に時間をかける日があります。取材に時間をかけるのであれば、多くの人と話をしたり、風景を見たりするものです。一方、執筆に時間をかける日は、人と話をしないこともあります。もちろん、事務所(兼自宅)見ている風景はまったく変わりません。

 執筆を一日中していると、急に誰かと話をしなくなったり、人ごみの中に身を寄せたくなったりします。そんな時、私は歌舞伎町に出かけて、夜な夜な飲み歩いてしまうものです。この日も、キャバクラでも行こうかな、と思っていたら、いつもと変わらない客引きの声かけがあり、「そんな声かけではキャバクラなんかいかないよ」と思いつつ、噴水広場でたたずんでいました。

 そのとき、ふと10年前を思い出してしまったのです。

 10年前、私はいつもこの場でたたずんでいた。まだ、フリーライターになりててて、発表の当てのない取材の日々が続いていたのです。私は、取材をすると、その人になりきってしまうことがあります。取材をした人の心情が自分の心に入ってきます。その人の人生を再体験するかのようでした。

 そんな取材を繰り返していると、ふと、「何者でもない自分になりたい」こと思うとがありました。取材の相手は、私に対して話をしている。その相手にとって、「私」は、話をしたい、あるいは話をせざるを得ない人なのです。そして、私という「メディア」を通じて、何らかのことを伝えたいことを欲しているのです。そうした社会的な役割を担っているのです。

 それは、フリーライターという職業とか、私が取材をしている分野の性格を考えると、宿命的なものがあります。しかし、歌舞伎町にいれば、自分が他人と変わらない多くの中のたった一人の自分ですが、誰からも特に必要とされない、あるいは要求されない自分を見つけ出すことができました。そんな自分を見つけるとき、ふと、肩の荷をおろすことができるのです。私にとって、10年前の歌舞伎町、特に噴水広場前はそんな場所でした。

 しかし、この夜はなぜか違っていました。新宿にYAMADA電気が進出してきて、その風景が変わったせいではありません。コマ劇場が閉鎖し、その後も見通しがないことも多少は影響していますが、それだけではありません。やはり、最も大きいのは、新宿に匿名の人たちが減ったせいではないか、と感じたのです。

 匿名の人たちーーー。10年前、噴水広場前は、路上ミュージシャンやカメラマン、占い師、ナンパ師、ホームレス、そして酒飲みが夜な夜な集まっていた場所だったのです。そこに行けば、名前や出自、現在の職業さえ分からないけど、顔見知りがいたものです。彼ら彼女らと話をすることで、癒されていたものです。特にお金がなくても、そこにいれば、朝まで過ごすことができました。いろんな愚痴を言ったり、夢を語ったりしたものです。

 しかし、同じ場所でありながら、そこはもう、すでに癒しの場所ではなくなってしまっていました。10年前からずっと残っているのは、ホストやキャバクラのキャッチくらいなものです。歌舞伎町は様変わりしてしまったのだ、と考えてしまったわけです。同時に、時間の流れも感じてしまいました。

 私はいったい何が変わったのでしょうか。何も考えずに10年が過ぎてしまったようにも思います。あの頃抱えていた不安が解消されたわけでもなければ、夢が実現したわけでもない。とは言っても、その10年でいろんな人と出会ったことはたしかです。経験もしました。そのほとんどが歌舞伎町を中心としたものだったように思います。
2010.06.21 Monday | ナイトン | comments(0) | trackbacks(1)
「外した店」に再度チャレンジでどうなる!?
 


続きを読む >>
2010.05.14 Friday | ナイトン | comments(0) | trackbacks(0)
「花見はしましたか?」というメールへの反応は?
 

「花見はしましたか?」というメールへの反応は? キャフー 10.04.15

続きを読む >>
2010.05.06 Thursday | ナイトン | comments(0) | trackbacks(0)
キャバ嬢が私とデートをしてくれるタイミング
 


キャバ嬢が私とデートをしてくれるタイミング 10.04.08

続きを読む >>
2010.04.25 Sunday | ナイトン | comments(0) | trackbacks(1)

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--