スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.06.15 Thursday | - | - | -
立浪、ご苦労さまでした
 中日の今シーズン最終試合。  
 ということは、立浪も最後。  
 CSにも出るんだろうけど、ペナントレースとしては最後なので、観に行こうと思ったわけです。 
 ついでに、ヤクルトの山本が使えるかどうかも楽しみでした。
  最多勝や打点王争いも注目です。

     

 ドアラもはしゃいでいました。

  それにしても、ヤクルトの山本。けっこう使えますね。
  プロ初登板先発ですから緊張しているかと思いきや、中日打線を抑えている。これは、CSにも使えるんじゃないか?と思えました。

  打点王争いは、まずは森野がタイムリーで1打点、しかしブランコが2ランホームランで2打点。結果、ブランコが110、森野が109で、ブランコの勝ち。

  そして最多勝を狙って吉見が登板。先発はチェンで、これまた防御率1位は確実にしています。さて吉見もあぶなっかしいけど、まあ、抑えました。 

 そして山井の出番となるわけですが、なんともコントロールが最悪。そして、4番デントナのときも初球から打ちごろの球を投げてしまいました。ホームラン級のあたりでした。  問題は、これがフェアかファールか。 

 内野指定席から見ていた中日ファンの知人はフェアに見えたそうですが、私を含め、周囲で見ていた人たちはファールだろうと。


  和田も「ファールだよ」とのアピール。

  審判団も悩んだのか協議。そこに落合が抗議。しかし、判定覆らず、ホームランとなったわけですが、なんとも、審判団が決めるのが遅すぎ。ビデオ見れば済むんじゃねえ?とみんなが思っていたが、マイミクさんの日記によると、プロ野球ニュースのビデオではどちらとも言える。ビデオ判定でもわからないかもしれませんでした。



   ただテレビ放映では、田尾が「完全なホームラン」と断定していました。 

 しかし、審判の説明がすごい。たしかこんな内容。 

 「デントナ選手の打球をホームランと判定した。審判団でも協議をした。しかし、ビデオを見た落合監督がファールだと抗議をしてきました。しかし、審判団は、その前にホームランと判断しました」 

 ま、結局、判定は覆らないのだ、ということを主張したわけですね。 



 でも、落合はこの途中で選手を引き上げてさせていて、試合の雰囲気がローテンション。立浪のラストもなぜかテンションあがらず。

  しかしながら、神宮のお客さんに一礼。 

 ヤクルトファンからも声援が(ありがとう、ヤクルトファン) 

  立浪、ご苦労様でした。 



JUGEMテーマ:スポーツ
2009.10.12 Monday | スポーツ | comments(0) | trackbacks(0)
53年ぶり日本一
 どうやら、中日が日本シリースで北海道日本ハムファイターズを破ったようです。まだ実感ありませんけど。。。

 たしかに、完全試合がかかっていたタイミングで、山井から岩瀬に交代したのは、視聴者からみれば、納得いかないでしょう。しかし、53年ぶりの日本一で、しかも地元優勝がかかっている時です。このタイミングを逃すと、いつ日本一になるのかわからない状況です。こんなときは、山井の個人的な記録よりも、チームのために何をすべきかを考えられなくてはならない。そう思ったことでしょう。結果、落合の采配はあたりました。

 http://www.nicovideo.jp/watch/sm1426720

 テレ朝の番組で、野村・楽天監督は「10人の監督がいたら、10人とも、完全試合がかかってる9回は山井を続投」と話していた。たしかに、私もテレビを見ているときはそう思った。しかし、冷静に考えると、テレビのアナウンサーに踊らされていた感じがした。10人の監督が使わない「ノリ」を育成枠から取ったのは落合だった。それだけ、メンツよりも、チームを考えていることの現れだったのかも。

 ということで、53年ぶりの日本一です、53年か。うまれてませんよ・・・・。いまだに、「53年ぶり」は実感ありません。なかなか日本一にならないチームだな、とは思っていましたが。

 試合後、マスドラのみなさんと合流。2次会は、銀座へ。そこには、Dr.コトー診療所の漫画家・山田貴敏先生が合流。

 銀座の寿司屋さんは、ドラファン。そこで優勝巻を作っていただきました。

 そして、山田先生からはサインもいただきました。


2007.11.02 Friday | スポーツ | comments(0) | -
53年ぶりに王手。だが、慌てない、慌てない

 日本シリーズ第4戦。
 中日ドラゴンズが日本ハムに4-2で勝利。シリーズ3勝1敗で、53年ぶりの日本一に王手をかけた。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071031-00000018-maiall-base

 しかし、3年前も、3勝2敗から、2連敗して、西武に破れ、日本一を逃した経験があるので、慌てない、慌てない。きっと、明日の、日本ハムの先発投手はダルビッシュ。第1戦の借りを返そうじゃないか。


2007.10.31 Wednesday | スポーツ | comments(2) | -
ファイターズ、おめでとう。
 日本シリーズで、わがドラゴンズは、ファイターズに敗れ、52年ぶりの日本一を逃しました。ファイターズは44年ぶりの日本一。MVPは、元スワローズの稲葉さん(あんた、いつのまにファイターズにいたんですか?)。

 落合さん。
 「シリーズ雰囲気じゃなかった」というのですか。たしかに、あなたの采配は、納得のいくものではありませんでした。「この人」が代打なら打てなくても仕方がない、とか、「あの人」がリリーフなら打たれても仕方がないとか、そう思えるものではありませんでした。今夜の川上の変え時も納得いくものではありませんし。

 あーあ。

 ってドラゴンズというチームは、流れにのれないと勝てないのでしょうか。ただ、厳しい目で見れば、セリーグ優勝という実力はなかったと思う。他のチームが弱かっただけ。でもさ、ファイターズも、そんなに強いわけじゃない。1勝4敗という差はどこから?はやり、監督采配?

 追記
 落合監督が「進退伺」提出へ=プロ野球・中日

 中日の落合博満監督は26日の日本シリーズ第5戦終了後、3年契約が切れる今月末に球団へ「進退伺」を出すことを明らかにした。同監督は「31日でおれの契約が切れる。進退伺を出す。来年以降もやってくれと言うか、ご苦労さんと言うのか」と、球団の意向を聞く考えを示した。日本シリーズ敗退の責任については言及しなかった。
 中日の白井オーナーや西川社長ら球団幹部はレギュラーシーズン終了後、落合監督に続投を要請する方針を示唆する発言をしている。 
[ 時事通信 2006年10月27日 0:00 ]
 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20061026-00000211-jij-spo.html

 はたして、落合継続なのか?
 球団はどうでるのだろうか。
2006.10.27 Friday | スポーツ | comments(0) | trackbacks(0)
中日2年ぶりリーグ優勝
 2年ぶりのセリーグ優勝でした。

 途中までは、3−1だったので、これは9時ぐらいに終了するだろうと思ていたら、先発の川上が高橋、小久保に2本もホームランを打たれ、同点になる。これは、まさかの引き分けムード?

 と思っていたら、やっとチャンスがやってきました。延長12回。福留のタイムリー。そして、なおも満塁で、T・ウッズのホームラン。2夜連続で、4番打者の満塁ホームランが見れるなんて、すごいです。もう、死ぬまでこんなことはないだろうな。

 ウッズがホームに帰って来たときに、めずらしく落合監督が抱き合う。もうすでに泣いていたようだ。優勝が決まったときのインタビューでも泣いていた。こんな落合を見るのも最後かもしれない。おそらく、落合は今年で勇退だろう。

 その後、マスドラで祝勝会。今夜はみんなバラバラに席を陣取った(私も当日券で内野自由席だったしね。隣のご老人とは仲良くなりましたが・・・・)。試合終了後、神保町で乾杯。52年ぶりの日本一まで、マジック4となりました。





2006.10.11 Wednesday | スポーツ | comments(2) | trackbacks(0)
ジダンの頭突き
 FIFAサッカーW杯の決勝、イタリア×フランス戦は、PKの末、5−3でイタリアが勝ったことは既にご承知でしょう。その中で、延長後半、フランスのジダンがイラリアのマテラッティに頭突き。一発でレッドカード。つまり退場でした。現役のラストプレイが反則退場という、ある意味、記憶に残るシーンとなりました。
 そのジダンがなぜあのときに、頭突きをしたのか。マテラッティが何か言ったのではないか、ということが話題になりました。そのため、ジダンが、テレビで事情を説明しました。
 http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060713&a=20060713-00000001-spnavi-spo
 このニュースによると、ジダンは
 「僕は(マテラッツィに)シャツを引っ張るのをやめてくれと言った。もし欲しければ、試合が終わってから交換しようってね。すると彼は、とてもひどい言葉を返してきた。繰り返して、何度も。言葉は時に暴力より打撃を与えることがある。顔を殴ってやりたいほどだった。いずれにせよ、時間の問題だった。彼の言葉は僕の心の奥底を傷つけたんだ」
 と説明した。
 私は、スポーツ内で起きたことは、一般の社会問題と区別するべきだと思っている。今回の件は、言葉のやり取りだったが、サッカーの場合、陰険なファウルをするのも、時としてそれは試合の中での「作戦」だったりする。それがチーム全体ものか、個人的な判断かは別として。
 今回の事も、個人的な判断による「陰険なファウル」にすぎない。ただ、それは言葉によるもので、それ自体は審判に聞こえない。が、選手には聞こえるという微妙な「ファウル」だ。ファウルなら、審判に分かるようにアピールしなければいけないが、言葉による「ファイル」はなかなか証明しにくい。
 だとすれば、サッカーの試合内で起きたことを、わざわざテレビで説明するのもどうかと思う。何を言ったのかを具体的には証言しなかったジダンの姿には、賞賛に値するかもしれない。覗き見趣味のジャーナリズムにわざわざ答える必要もないだろう。
 ただ、ジダンはこうも言う。
 「僕が現役最後の試合で、楽しいからあんな行為に及んだと思っているのだろうか。僕が言いたいのは、こういう時はいつも手を出した方がとがめられるということだ。もちろん手を出した者は罰せられるべきだ。でも挑発がなければ、それに対する反応もない。本当に罪を犯した方を罰するべきだ。それは挑発した方だ」
 本当にそう主張するのなら、今回のゲームだけでなく、これまでのすべてのゲームを見直すべきだろう。それは事実上、不可能だ。だとすれば、挑発があっても不思議ではない、ということを胆に銘じて試合に臨むべきではないか。あるいは、挑発行為に対する罰則をあらかじめ設けておくべきだろう(そんなことができればの話だが)。

 ちなみに、この件は、私の所属するジャーナリストのNPOのサイトでも話題になっています。よかったら、議論に参加してみませんか。
 http://www.ufpress.jp/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=14
2006.07.15 Saturday | スポーツ | comments(0) | trackbacks(0)

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--